ブログ・プロフィール更新
ID
パスワード
ランディングページ作成
ID
パスワード
閉じる ×

講 師

平野燿華(ひらのようか)

あなたの書道のイメージを変える

十書家(とおしょか)

平野燿華(ひらのようか)

 

大倫書道会師範、日本教育書道藝術院師範科卒業。

6歳で書道を始め、古典的な書を学び続けてきた。25歳の時、ドイツ留学中に学生であると同時に大学と美術専門学校で書道講師をしていた際、友人から「部屋に飾りたいから何か書いて」といわれた時に、手本が無いと作品を作れないという事実に愕然とする。そのことから「自らの中から出てくる思いを表現する書」を創ることを決意。帰国後、7年間の会社員生活を経て書家として独立。見る人が「書というよりは絵」というように書の既成概念を覆す独自の作風で自身の本質を表現するアーティスト活動を行う。

「十書家(とおしょか)」は「いろんなものにいろんなものを書く人」の意。

 

一方で、もともと芸術に興味があったわけでなく、小さい頃は絵を描くのが大の苦手で、親からも「我が家には芸術的センスというものは存在しない。仕方がないから諦めなさい」といわれるほどだった。しかし書を通して自分を表現できる、私も表現をしていいんだ、と気づいた時に大きく意識が変わる。その経験から、何かを表現したい気持ちがあるけれどもどうしたらよいかわからない、という人の気持ちに寄り添い、その人の中にある想いをイメージ化させ、紙に墨と筆でその人の世界観を表すことを目的とした書サロン「十人十書部」を主宰。うまく書くことより自分らしく書くことを大切にした学びと発見、創造の場を提供する。

 

 

 

主な活動歴

2000年~2002年 ドイツトリアー大学並びにトリアー美術専門学校にて書道講師
2005年7月~2010年9月

  • オトナの書道教室「中野坂上書道ソサイエティ」月次開催
  • マンツーマンレッスン
    2005年9月 第一回個展「繋がる」開催@中野坂上
    2007年6月 第二回個展『ぐるぐる』開催@南青山

2012年1月 東日本大震災復興支援チャリティ展『ムコトバの世界』開催@四谷

2012年8月 自由大学(東京港区) 講義 『十人十色の書きかた学』教授

2013年3月 アメリカポートランドにて雄勝硯復興支援プロジェクトで書のパフォーマンスを披露

2015年6月 自由大学(東京港区)講義『もう一度、書道』教授

その他グループ展、ワークショップなど多数開催

 

 

主な受賞歴

2009年4月 第33回日本教育書道藝術院書作展 東京新聞賞

2013年1月 第29回産経国際書展新春展 産経新聞社賞(最高賞)受賞

2013年7月 第30回産経国際書展 国際賞受賞

その他 多数

 

» プライバシーポリシー
» 運営概要
» 使い方ヘルプ
» 利用規約
» 特定商取引に基づく表示
» お問い合わせ