ブログ・プロフィール更新
ID
パスワード
ランディングページ作成
ID
パスワード
閉じる ×

おじいちゃんのラブレター

【 2017年07月14日 AM 07:46 】

こんにちは。

共感文章の専門家

中尾ミカです。

 

今日、7月14日は、

父の誕生日であり、

祖母が天国に旅立った日です。

 

祖父は、祖母がお腹に父を宿したのち、

戦地に行き、病死。

 

祖母は女手ひとつで、ひとり息子の父を育て、

大学まで行かせました。

 

祖母が47歳のとき、初孫である私が生まれました。

私を初めて抱いたとき、こう言ったそうです。

 

「自分の人生に、

こんなに幸せな瞬間が訪れるとは思わなかった」

 

それから2年後、

祖母は、49歳の若さで亡くなりました。

 

~~~~~

 

15年ほど前の夏休み、

実家に帰っていた私は、ある箱を見つけました。

そこには、祖母の遺品が収められていました。

 

紐でとめられた、ハガキの束。

ほどいてみると、それはすべて

当時、大阪に赴任していた祖父から

香川にいる祖母に送られたものでした。

 

その中の1枚を、私は手に取りました。

 

日付からすると、おそらくこのハガキを書いた直後に

祖父は戦地に。

 

おじいちゃんの素直な気持ちを書いた

おばあちゃんへの最後のラブレター。

 

ラスト一行にこめられた祖父の想いが

一気に私の胸に入り込んできて、

涙が止まらなくなりました。

 

申し訳ないことに、

私の記憶には、祖父も祖母もいません。

 

でも、確かに、二人はいて

生きて、愛しあって、

だからこそ、今ここに、自分が存在している…

 

そのことを実感した瞬間でした。

 

=====

 

あきみさん、お元気ですか。

私は元気です。

 

元気ではありますが、

男のひとり暮らしですから、

いろいろ大変です。

 

掃除は床を丸く掃く程度だし、

洗濯も適当だし。

 

炊事は、簡単なものを作って何とか食べていますが、

一人では味気ないですね。

 

今ここに、あなたがいてくれたら、と思います。

 

===

私はコトバのチカラを信じています

ニュースレター【コトバのチカラ】

» プライバシーポリシー
» 運営概要
» 使い方ヘルプ
» 利用規約
» 特定商取引に基づく表示
» お問い合わせ