ブログ・プロフィール更新
ID
パスワード
ランディングページ作成
ID
パスワード
閉じる ×

子どもの作文 

【 2017年07月05日 AM 11:16 】

 

こんにちは。

メール集客の専門家

中尾ミカです。

 

 

小3のときだったかなあ。

町内の読書感想文コンクールに応募させられたことがありました。

 

そう「させられた」んです。強制的に。

 

なぜかというと、ど田舎の小学校で、各学年1クラスしかなく、

図画だ習字だと、なんたらコンクールが行われる際は

生徒が持ち回りで対応するしかなかったから。

(そんなんだったら、やめればいいのにね~)

 

やがて、私にも担当回がやってきまして、

読書感想文を出すことになったわけです。

 

〆切りまでに書きあげて

コンクール担当(これも先生持ち回り)の先生に提出。

 

3日後、職員室に呼び出され

先生から手渡された原稿用紙を見てびっくり。

 

きれ―――なオトナの字で、

原文なんぞ3%くらいしか残っていない仕上がりの

文章に代わっていました。

 

「中尾さん、先生、清書しておいたから~フフ💛」

 

いやいやいや(苦笑)

 

子どもながらに、

「こんな不正が通るのか!?」

「うちの小学校、問題になるんじゃないか!?」

とヒヤヒヤしていましたが、

 

【佳作】をいただきました。

 

<<<<<<<<<<<<<<

どうかしてるぜ、教育委員会!

>>>>>>>>>>>>>>

 

賞状を受け取るとき、

なんだか、悪に手を染めたような

罪悪感でいっぱいだったな。。。

 

 

家に帰って、その辺にポンと放り投げておいたら

母親が「飾る?」と。

 

「いや、私が書いたんじゃないから」

 

その後、賞的なものが嫌になり、

断固、応募を拒否し続ける

ガンコな子どもになりましたとさ。

 

~~~~~

こんな私ですが、、、

 

今週から、『幸せにしたいお客様リスト』づくりの第一歩

共感を呼ぶ【メール講座】の書き方をお送りしていますヾ(@^▽^@)ノ

 

ニュースレター【コトバのチカラ】

 

» プライバシーポリシー
» 運営概要
» 使い方ヘルプ
» 利用規約
» 特定商取引に基づく表示
» お問い合わせ